本文へスキップ


このサイトは珠算教育者のためのサイトです

サンプル問題と授業の進め方事例

サンプル問題(2013年7月に実施されたテスト問題です)

かけ算  (1st stage〜professional stage)
i-test25-7かけ算.pdf へのリンク
わり算  (1st stage〜professional stage)
i-test25-7わり算.pdf へのリンク
みとり算 (1st stage〜professional stage)
i-test25-7みとり算.pdf へのリンク
かけ暗算 (1st stage〜professional stage)
i-test25-7かけ暗算.pdf へのリンク
わり暗算 (1st stage〜professional stage)
i-test25-7わり暗算.pdf へのリンク
みとり暗算(1st stage〜professional stage)
i-test25-7みとり暗算.pdf へのリンク

サンプル問題 (仮称)聞き取り計算(テスト時の出題は音声のみとなる予定です。)

1.毎日30円ずつ貯めると、何日目に1,000円を超えるでしょうか?
2.新大阪駅を出発した新幹線が2時間36分かかって東京駅に午後1時18分に到着しました。新大阪駅を
  何時に出発しましたか?
3.12と16の公倍数を小さい方から3つ書きましょう。

i-testを利用した授業の進め方事例

 @i-testのみとり算1st stage、みとり暗算1st stageの計時を開始する。180点以上を取得する
  と次のstageに上がる。
  みとり算では1st stage卒業後、2nd stage導入として途中で引けなくなる場合の計算、
  3rd stage卒業後、special stage導入として答が補数になる計算を指導する。分割計算は、指
  導実態に応じて適宜導入する。


 Aみとり算の1st計時開始と同時期にかけ算1st stageの導入指導をする。180点以上取得すれば
  次のstageに上がるが、かけ算の指導は2ndと3rdに上がる2つのポイントで行う。


 Bかけ算の2nd stage導入後、わり算の1st stageの導入を行う。その後、わり算の指導も2nd
  と3rdに上がる2つのポイントで行う。


 Cわり算の1nd stage導入後、かけ暗算の1st stageの導入を行う。その後、かけ暗算の指導も
  2ndと3rdに上がる2つのポイントで行う。


 Dかけ暗算の2nd stage導入後、わり暗算の1st stageの導入を行う。その後、わり算の指導も
  2ndと3rdに上がる2つのポイントで行う。


バナースペース

i-テスト実行委員会

E-mail:hy○morimoto-print.jp
○を@に置き換えて下さい。